30代必見!おすすめゴールドカードはコレ!

常盤さんのお子さんが、問題集相手に、自分ひとりでやっていけそうならそれでもいいですが、もしきつそうなら、個別の塾か家庭教師をつけて、1対1でドンドン教えてもらったほうが早い気がします。僕が直接教えてあげるのが一番早いのですが、遠いですからね。新幹線で愛知まできますか?(笑)> 前回の成績は、32でオール4も届きません。> 目標の学校は、中2と中3×2で9教科120あれば楽勝なのですが、> そうなると5が最低でも4個必要です。なるほど。5が最低でも4個必要なら、得意教科をさらに伸ばす必要もありそうですね。昨日と今日のメルマガの内容で、お子さんに足りない部分があるなら即実践させて下さい。> 本人は、英語以外でもテスト勉強のやり方がわからないようです。> 息子が苦しい状態で受験に臨まないよう、> 力をつけさせたいと考えております。> 変な文章になりましたが、佐々木先生の力を貸してください。> 初めてなのに、長文失礼しました。いえいえ、全然変な文章じゃないですよ。メッセージありがとうございました。—————————————-さて。なぜ今回、常盤さんからのメッセージを紹介したのか?それをお話しします。常盤さんから頂いたメッセージの中に、こんな1文がありました。> 息子が苦しい状態で受験に臨まないよう、> 力をつけさせたいと考えております。こういう意識が高い人って、実はあんまりいないんですよ。だいたい中3の夏ごろから、あわてふためく保護者の方が多いのですが、通知表の評価に関しては、遅いですからね。中3の一発目のテストから結果出していかないと、志望校を選べる立場になれません。で、結局、日々何を意識して過ごせばいいのか、ということですが、まずは毎回の定期テストに真剣に臨んでくださいね。それさえしっかりやっていれば、なんとかなりますから。忘れてしまってもすぐに再構築できます。でも、本格的にさぼっていると、取り戻すまでに想像以上の時間がかかりますし、何より効率が悪いですから。常盤さんの、> 息子が苦しい状態で受験に臨まないよう、> 力をつけさせたいと考えております。という言葉を胸に刻み、日々頑張っていきましょうね。なんだか今日も、恐ろしいくらい長いメルマガとなってしまいました。読者の方に、全部読まれているのかちょっと心配ですが(笑)、有効活用してくれていることを願いつつ、今日のメルマガをしめたいと思います。ありがとうございました。Yuki追伸:昨日と今日のメールは、本当に大切な内容です。この2通のメールを日々の勉強に取り入れるだけで、次の定期テストで50点アップすることは十分可能です。「50点アップ」と聞くと、大変だと感じるかもしれませんが、「各教科10点アップ」と言い換えれば、簡単に感じますよね。昨日のサーキットトレーニングを実践すれば、社会・理科の暗記分野で10点アップなんてすぐですよ。そうやって前向きに取り組んで、各教科10点アップ=5教科合計50点アップを実現させていきましょうね。そのためにも、受信した1通1通のメールは大切に保存し、何度も読み返して理解を深めて下さいね。